【心理テスト】太い毛が生えていたら嫌な部位は? 「あなたが苦手な異性のタイプ」

©株式会社マイナビ

■QUESTIONあなたに太い毛が生えていたら嫌だと思うのは、以下のどこですか?

A:鼻の下B:耳C:手の指D:あご

あなたはどれを選びましたか?それでは結果をみてみましょう。

この心理テストで分かることは?

「あなたが苦手な異性のタイプ」

太い毛は、男性性の象徴。あなたが生えていたら嫌だと思った場所の毛は、あなたが苦手な異性のタイプをあらわしています。

■A:「鼻の下」を選んだあなたは……

「偉そうなタイプ」

高い鼻の下に生える毛は、プライドをあらわしています。あなたは、威圧的で偉そうな態度をとる異性が苦手だと思っているでしょう。傲慢なのが男らしさだと勘違いしているようなタイプとは、お近づきになりたくないはず。そんな異性を見たら、たとえイケメンでもまったく心惹かれることはないでしょう

■B:「耳」を選んだあなたは……

「年上の頑固なタイプ」

耳に毛が生えるのは、年をとっている人が多いです。あなたは、年上で頑固なタイプの異性が苦手だと思っているのではないでしょうか。先輩風を吹かせて、「何でも教えてやる!」と恩着せがましい態度をとる異性のことは、いくら知識や経験があっても尊敬はできないはず。もちろん恋に落ちることなどないでしょう。

■C:「手の指」を選んだあなたは……

「体育会系熱血タイプ」

手の指に生えている毛は、暑苦しさを感じさせます。あなたは、体育会系のノリの熱血タイプの異性が苦手なはず。いつも情熱的でやる気満々の相手を見ていると、ついうっとうしいと感じてしまうのかも。テンションが高すぎて、ついていくのが大変なので、親密にはなりたくないと、遠ざかっていくでしょう。筋トレが趣味などと聞いたら、「もうダメ~!」とすぐにその場を立ち去りたくなるはず。

■D:「あご」を選んだあなたは……

「冷めているタイプ」

あごの下に生える毛は、太くて長いほどに仙人のような人物を思わせ、人生を悟っている印象を与えます。あなたは人生を悟り切っているようなタイプが苦手。同じテンションで盛り上がれなかったり、盛り上がっている人たちをバカにしたように遠くから見ているような異性は、「いったい何様!」と見ていて腹が立ってくるでしょう。

(紅たき)

※画像はイメージです。

この記事はいかがでしたか?