スーパーフォーミュラ・ライツ第1戦は緊迫の首位攻防戦を制し名取鉄平が嬉しい初優勝を飾る

©株式会社サンズ

 4月3日、2021年の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第1戦の決勝レースが富士スピードウェイで行われ、ポールポジションからスタートした名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)が、佐藤蓮(TODA FIGHTEX)との緊迫のレースを制し、ポール・トゥ・ウインでスーパーフォーミュラ・ライツ初優勝を飾った。3位は日本での初レースとなったジュリアーノ・アレジ(TOM’S 320)となった。

 12時15分から行われた公式予選の後、TCRジャパンの決勝やスーパーフォーミュラの公式予選を経て迎えたスーパーフォーミュラ・ライツ第1戦の決勝レース。この週末最も長い21周で争われた。

 16時25分からのフォーメーションラップを経て迎えたスタートでは、ポールポジションスタートの名取がトップでTGRコーナーへ。佐藤が続くが、3番手スタートの野中誠太(Kuo カローラ中京 TOM’S 320)は蹴り出しが遅れ、ジュリアーノ・アレジ(TOM’S 320)、平良響(Kuo カローラ中京 TOM’S 320)が先行。これに河野駿佑(RS FINE K&N 320)が続く展開となっていく。

 名取は序盤、少しずつ佐藤とのギャップを築き、4周目には1秒以上のマージンを築いていたものの、9周目には2台の差はふたたび1秒以内に。3番手のアレジ、4番手の平良とのギャップは少しずつ広がっていき、レースは中盤、2台の争いを感じさせた。

 一方その後方では、野中と神晴也(Albirex-RT)、三宅淳詞(MAX RACING 320)の戦いが展開されるが、終盤に向けて5番手を走っていた河野を先頭に野中、神の3台の争いになっていく。18周目、TGRコーナーで野中は河野に並びかけると、コカ・コーラ・コーナーへの攻防で河野のインを突く。

 しかし、河野をかわした野中には神が並びかけ、同じ周のダンロップ・コーナーでは神が野中のインを突く。2台は際どい攻防の末クラッシュ。神はリヤウイングを破損、野中も大きく遅れることになってしまった。

 そんな中団の戦いのなか、トップ争いもファイナルラップへ向けて接近していく。最終周のTGRコーナーで、佐藤はトップの名取の背後につき、チャンスをうかがっていくものの、佐藤はアドバンコーナーでわずかにリヤが流れ、名取はわずかなマージンを保ったままフィニッシュした。

 名取はスーパーフォーミュラ・ライツでの嬉しい初優勝をポール・トゥ・ウインで飾り、さらにファステストラップもマーク。フルポイントで開幕戦を終えた。2位は佐藤、3位にはアレジが入った。4位は平良、5位は河野、6位は三宅となった。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第1戦富士

決勝レース結果

Pos M No Driver Car Name Car Laps Grid Qualify

1

50 名取鉄平 Byoubugaura B-MAX Racing 320 B-MAX RACING TEAM 21 1 1’33.517

2

2 佐藤蓮 TODA FIGHTEX TODA RACING 21 2 1’33.597

3

36 G.アレジ TOM’S 320 TOM’S 21 4 1’33.737

4

37 平良響 Kuo カローラ中京 TOM’S 320 TOM’S 21 5 1’33.886

5

35 河野駿佑 RS FINE K&N 320 RS FINE 21 6 1’34.061

6

10 三宅淳詞 MAX RACING 320 ルーニースポーツ 21 7 1’34.185

7

51 小山美姫 B-MAX ENGINEERING 320 B-MAX ENGINEERING 21 9 1’34.580

8 M 4 今田信宏 JMS RACING with B-MAX B-MAX ENGINEERING 21 10 1’34.780

9

30 DRAGON TEAM DRAGON B-MAX 320 B-MAX ENGINEERING 21 3 1’33.688

10

1 野中誠太 Kuo カローラ中京 TOM’S 320 TOM’S 21 11 1’35.065

11 M 11 植田正幸 MAX RACING RN320 ルーニースポーツ 21 12 1’36.832

12

5 神晴也 Albirex-RT ALBIREX RACING TEAM 20 8 1’34.251

天候:曇り 路面:ドライ
ファステストラップ:名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320) 1’33.893 3/21
ペナルティ:Car No.1は、シリーズ規則 15条 1. 2) (他車への衝突)違反により、競技結果に対して30秒加算のペナルティを科し、ペナルティポイント1とする。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第1戦のスタートシーン
名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)と佐藤蓮(TODA FIGHTEX)の争い
ジュリアーノ・アレジ(TOM’S 320)と平良響(Kuo カローラ中京 TOM’S 320)
野中誠太(Kuo カローラ中京 TOM’S 320)と神晴也(Albirex-RT)の争い
河野駿佑(RS FINE K&N 320)
スーパーフォーミュラ・ライツ第1戦を制した名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第1戦の表彰台
マスタークラスを制した今田信宏(JMS RACING with B-MAX)
小山美姫(B-MAX ENGINEERING 320)とDRAGON(TEAM DRAGON B-MAX 320)の争い