FC琉球がJ2暫定首位 サッカー 大宮に0-0 開幕6連勝は飾れず

©株式会社沖縄タイムス社

 サッカー明治安田生命J2第6節第1日は3日、各地で3試合が行われた。2位のFC琉球はタピック県総ひやごんスタジアムで10位の大宮アルディージャに0―0で引き分け、開幕6連勝は飾れなかった。首位のアルビレックス新潟は試合がなかったため、琉球が暫定首位に立った。

 両チームとも前線からの激しいプレスと、それをかいくぐるチャレンジを仕掛け、息詰まる攻防が続いた。琉球は前半23分、惜しくも通らなかったがMF風間宏矢がFW阿部拓馬へ一瞬の隙を突くスルーパス。前半終了間際にはDF沼田圭悟や阿部がペナルティーエリア内でシュートを放つも、枠には入らなかった。

 堅い大宮のゴール前の守備を崩そうと後半19分にMF清水慎太郎、同33分にはMF富所悠とFW赤嶺真吾を投入。同45分にはFW上原慎也とMF市丸瑞希が交代出場したが、得点は挙げられなかった。会場には2749人が訪れた。

 次節は11日午後2時から、ケーズデンキスタジアム水戸で水戸ホーリーホックと対戦する。