新たな感染は20~60代男女(鹿児島市7、千葉1)新型コロナ・鹿児島3日発表

©株式会社南日本新聞社

 鹿児島県と鹿児島市は3日、新型コロナウイルスの感染者を新たに8人確認したと発表した。うち1人は同市の接待を伴う飲食店で発生したクラスター(感染者集団)関連。同クラスターは35人になった。

 市が発表したのは同市の20~60代男女7人。クラスター関連は50代男性で、接触者として検査を受けた。1日から咽頭痛と下痢の症状がある。他の6人は20代女性2人、40代と50代の男性各1人、60代男女で、前日までに発表された感染者の接触者。60代男性は3月25~29日、沖縄県に滞在しており、同県で感染が確認された人との接触があった。

 鹿児島県が発表したのは千葉県在住の30代女性1人。3月27日から鹿児島県内に滞在し、咽頭痛が悪化したことから医療機関を受診した。県によると、滞在中に濃厚接触者はなく、現在医療機関に入院している。

 県内の累計感染者数は1847人。2日時点で29人が入院し、うち3人が中等症。宿泊施設に30人が入所している。死者28人を含めた退院・退所は1780人。

【関連表】