ヴォルターズ連敗、今季30敗目 FE名古屋に67-84

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-FE名古屋】第2クオーター、リバウンドで競り合う熊本のデイビス(左から2人目)=県立総合体育館(後藤仁孝)

 バスケットボールBリーグ2部(B2)第29節は3日、熊本県立総合体育館などで4試合が行われ、西地区6位の熊本ヴォルターズはホームで同2位のFE名古屋に67-84で敗れた。前節からの2連敗で通算成績は22勝30敗。順位は変わらなかった。

 熊本は第1クオーター、パスミスなどが続いて10-27と大差をつけられ、前半を29-48で折り返した。第3クオーターはイバン・ラベネルが10得点と気を吐いたものの49-66。第4クオーターは序盤に小林慎太郎が3点シュート2本を決めるなど、一時は11点差まで追い上げたが、直後の連続失点でリードを広げられた。

 このほかの西地区勢は首位西宮が76-64で7位奈良を下した。

 熊本は4日、同会場でFE名古屋と再戦する。