エヴァンゲリオンレーシング、2021年D1GPを戦う『エヴァRT初号機SAILUNスープラ』を公開

©株式会社サンズ

 ラナ エンタテインメントは4月3日、エヴァンゲリオンレーシングとして2021年D1グランプリ(D1GP)に参戦するチーム体制と参戦マシン『エヴァRT初号機SAILUNスープラ』のカラーリングを公開した。

 エヴァンゲリオンレーシングは、人気アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とのプロモーションタイアップにより結成されたレーシングチームだ。2010年の誕生以来、国内最高峰シリーズのひとつであるスーパーGTやスーパー耐久シリーズ、そして“真夏の祭典”として知られる鈴鹿8時間耐久ロードレースなどを戦ってきた。

 そんなエヴァンゲリオンレーシングは、3月25日にドリフト競技のD1GPで豊富な経験をもつ『俺だっ!レーシング』が展開する『横浜トヨペット SAILUN 俺だっ!』チームとタッグを組み2021年のD1GPに参戦することをすでに表明している。

 そして4月3日には、GR Garageトレッサ横浜で行われた参戦体制発表イベントにおいて、2021年度参戦マシン『エヴァRT初号機SAILUNスープラ』を初公開し、未発表だったドライバーについては畑中真吾を起用することを発表した。

エヴァRT初号機SAILUNスープラ/サイド
エヴァRT初号機SAILUNスープラ/左リヤ
エヴァRT初号機SAILUNスープラ/リヤ

 マシンのカラーリングは、エヴァンゲリオンレーシングおなじみのパープルをベースとした初号機カラーが施されている。また使用するタイヤについては、中国のタイヤメーカーである『SAILUN(サイルン)』がサポートすることとなり、サイルンサポートドライバーの畑中が登場するワークス体制になるとのことだ。

 この発表に関して、2015年からD1GPに参戦しているベテランプロドライバーの畑中はトークイベントで、「エヴァRT初号機SAILUNスープラがD1GPにおいて主役になれるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを語っている。

 昨年度は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によってD1GPには第7~8戦のみの参戦となってしまったエヴァンゲリオンレーシングだが、2年目となる今シーズンは体制を強化してシリーズフル参戦に挑む。初号機カラーが施されたGRスープラがD1GPでどんな戦いを見せてくれるのか注目だ。

■エヴァンゲリオンレーシング 2021年D1GP参戦体制

参戦レース:D1 Grand Prix 2021series
マシン名:エヴァRT初号機SAILUNスープラ
車両:TOYOTA GR Supra
チーム名:横浜トヨペット SAILUN 俺だっ︕
タイヤ:SAILUN
ドライバー:畑中真吾

ドライバーの畑中真吾、エヴァンゲリオンレーシングRQ2021の優月さんと村上楓さん
GR Garageトレッサ横浜で行われた参戦体制発表イベントの様子