ヴォルターズ3連敗、今季負け越し決定 FE名古屋に75-89

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-FE名古屋】第3クオーター、相手にプレッシャーをかける熊本の石川(11)=県立総合体育館(石本智)

 バスケットボールBリーグ2部(B2)第29節は4日、熊本県立総合体育館などで4試合が行われ、西地区6位の熊本ヴォルターズはホームで同2位のFE名古屋に75─89で敗れて3連敗を喫した。通算成績は22勝31敗となり、7試合を残してレギュラーシーズンの負け越しが決まった。

 熊本は第1クオーター、石川海斗のドライブやイバン・ラベネルのジャンプシュートなどで得点した一方、インサイドからの失点を重ねて11─22と先行された。第2クオーターは本村亮輔のフリースローで一時2点差に迫ったが、立て続けに速攻を許して31─41で折り返した。

 第3クオーターはFE名古屋に2本の3点シュートを決められるなど49─67と点差が拡大。第4クオーターは木田貴明がフリースローを6本連続で決めて追い上げたが、終盤に突き放された。

 このほかの西地区勢は首位西宮が78─64で奈良を下した。

 熊本の次戦は7日、新型コロナウイルスの影響で中止となっていた第26節の茨城戦を水戸市のアダストリアみとアリーナで行う。

この記事はいかがでしたか?