櫻井翔、二宮和也から贈られる“いらない物” 7年前のハワイがきっかけ

©株式会社マイナビ

女優の広瀬すず、アイドルグループ・嵐の櫻井翔、俳優の江口洋介が、11日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(毎週日曜21:00~)に出演する。

11日にスタートする新ドラマ『ネメシス』(毎週日曜22:30~)に出演する3人を迎えてのテーマは「あの人からもらった宝物といらない物」。広瀬は18歳の頃、ヒロインを務めた映画の撮影中、主演俳優・Iが着ていたベンチコートが気になり、本人に「いいですね」と伝えたところ、なんと1週間後にIが特注のベンチコートをプレゼントしてくれたそう。「どの撮影現場でも着ています!」というお気に入りの品だ。

一方、一番いらない物は、共演する演技派俳優・Kから贈られた「おもちゃのトランシーバー」。どうしていいか分からず、自宅の棚にしまってあるという。

櫻井の宝物は、日本で開催されたラグビーW杯にちなんだ一品。いらない物を贈ったのは、櫻井にとても身近な人・二宮和也で、7年前のライブでハワイを訪れた時のエピソードがきっかけで始まったという、一連のプレゼントとは…。

そして、『行列』には約5年ぶり2回目の出演という江口の宝物は、刀を使うシーンが多い映画の出演が決まった際、稽古をつけてくれた大物俳優・Hから差し出された、普通よりも倍以上重たい木刀だという。

さらに、広瀬にセブンティーンのモデル時代から憧れ、会えるのが楽しみだったというハラミちゃんからピアノ演奏のプレゼントが。広瀬、櫻井、江口が曲をリクエストする。