『報ステ』安藤萌々アナ起用に疑問も…相次ぐ交代劇が暗示するモノとは

©株式会社日本ジャーナル出版

『報ステ』安藤萌々アナ起用に疑問も…相次ぐ交代劇が暗示するモノとは(画像)Iurii Stepanov / Shutterstock

テレビ朝日の安藤萌々アナが、局の看板番組『報道ステーション(報ステ)』に3月29日より新加入した。新鮮な人事にも見えるが、彼女の起用にはキナくさい話も聞こえている。

そこで、番組活性化のために起用されたのが安藤アナ。彼女は成蹊大学卒業後、昨年入社。4月1日の入社式前に、朝の情報番組『グッド!モーニング』に登場したことでも知られる。

「現在、『羽鳥慎一モーニングショー』に出演中の斎藤ちはるアナが19年4月に入社した際、入社式前に番組に出て話題になったことがあります。局も2匹目のどじょうを狙ったのでしょうが、残念ながら話題になりませんでした」(同・編集者)

現在、安藤アナは『報ステ』でスポーツコーナーを担当している。

「ルックスは、かなり好みが分かれるタイプです。萌々と書いて〝もも〟と読むのですが、ネットでは『もえもえ』と呼ばれて称賛される一方、起用に疑問を持つ声も多くあります」(女子アナライター)

降板説まで囁かれ始めた報ステ徳永有美

『報ステ』は21時55分スタートで22時台の番組だが、同時間帯には大江麻理子キャスターがMCを務める『ワールドビジネスサテライト(WBS)』(テレビ東京系)が23時台から移動してきたことで話題になった。

「大江アナは週刊誌の〝女子アナ人気ランク〟で1位になったこともある。同番組には、他にも男性人気の高い田中瞳アナなども出演しており、今後、報ステが食われると評判なのです」(同・ライター)

『報ステ』では、安藤アナの加入をきっかけに、さまざまな交代劇が起きている。スポーツ担当の男性アナは他番組に転出し、安藤アナとともにサッカー元日本代表の内田篤人氏を抜擢。お天気コーナーも男性から女性キャスターの眞家泉に交代した。

「これは、完全にWBSを意識しています。〝今後、視聴率が大幅に下がるようなら、MCである徳永有美の降板もあるよ〟という暗示ともっぱら。どう考えても、大江キャスターと徳永では勝負にならない。そろそろ潮時との声も出ていますよ」(前出のテレビ雑誌編集者)

〝もえもえ〟責任重大!
【画像】
Iurii Stepanov / Shutterstock