小規模企業向けのテレワーク製品「Telework Station」販売開始

©株式会社マイナビ

No.1とその子会社であるアレクソン、およびNTTPC コミュニケーションズは3月16日、3社による共同開発を行った中小・小規模企業向けの次世代型リモートワーク環境構築機器「Telework Station」の販売を開始した。4月2日には、プレス向けの体験会が開催された。

「Telework Station」は、社内に設置すると、それに接続されたPCに自宅や外出先からアクセスできるというソリューション。RDP(Remote Desktop Protocol)かVNC(Virtual Network Computing)を使って、自宅から会社の自分PCにログインして操作することによって、テレワークを実現するものだ。主に10人以下の小規模企業をターゲットにしており、簡単に導入できるというのが特徴だ。

接続は、「Telework Station」のWebサーバに自宅PCなどのブラウザからURLを指定して、ユーザー、パスワードを入力してログイン。そうすると、接続可能なPCの一覧が表示されるので、接続したい端末をクリックすれば、そのPCのログイン画面が表示される。あとは会社にいるときと同様に操作できる。接続するPCがシャットダウンされた状態でも、Wake ON LANで起動できるという。

ラインナップには、接続する会社のPCを最大10台登録できるNA-TS100stdシリーズと、最大20台まで登録できるNA-TS100proシリーズがあり、それぞれライセンス期間が5年、6年、7年の3種類がある。利用するハードウェアに違いはない。

価格(税込)はNA-TS100stdシリーズが137万5000円(5年)、143万円(6年)、148万5000円(7年)、NA-TS100proシリーズが148万5000円(5年)、154万円(6年)、159万5000円(7年)。

現在、サブスクリプションモデルは用意されていなが、ほとんどがリース契約になるのでないかということで、問題はないという。今後は、サブスクリプションモデルも検討していくという。

販売は、No.1が自社の営業網を利用していくが、同社はこれまで販売してきたサーバ、モバイルWi-fiルータ、PCも合わせて販売していくという。東名阪エリアより順次販売開始し、全国展開も図っていく。