陸自の総火演、今年も公開中止

ネットで中継

©一般社団法人共同通信社

 陸上自衛隊は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、5月に静岡県の東富士演習場で予定していた「富士総合火力演習」(総火演)の一般公開を取りやめると発表した。

 この演習は戦車や装甲車、航空部隊などが参加し、国内最大規模の実弾射撃を展開する陸自の恒例行事で約2万人の観客が集まる。昨年もコロナ禍の影響で一般公開ができず、5月に無観客で規模を縮小して実施した。

 陸自によると、5月22日に内部の関係者だけで開催する演習を、インターネットで中継する見通しだ。総火演の開催時期は例年8月だが、昨年と今年は東京五輪・パラリンピックの日程を考慮し前倒しした。

この記事はいかがでしたか?