アビスパ福岡、トップチームの選手2名が新型コロナ陽性に。濃厚接触者はゼロと発表

©フットボール・トライブ株式会社

レベルファイブスタジアム(現ベスト電器スタジアム)写真提供: Gettyimages

明治安田生命J1リーグのアビスパ福岡は5日午後、トップチームの選手2名が4日のに行われたPCR検査で新型コロナウイルス陽性と判定されたことを公式発表している。

クラブの発表によると、当該選手の1人は3日夜にJリーグ公式検査にて新型コロナウイルス陽性の可能性が非常に高いとの連絡を受けたことにより、翌日に医療機関でPCR検査を受けた結果、新型コロナウイルス陽性であることが判明。また、クラブは4日と5日にトップチームの選手や関係者全員に対してPCR検査を行っているが、新たに選手1名が新型コロナウイルス陽性と判定されている。

新型コロナウイルス陽性となった選手2名には現時点で発熱や咳などの症状が見られていない。また、アビスパ福岡は管轄保健所の調査により選手2名のトップチーム内に濃厚接触者がいなかったことも発表している。

アビスパ福岡はこの後7日にJ1リーグ第8節・ガンバ大阪戦に臨むほか、ゴールデンウィークまで中2、3日での連戦を控えているだけに、チーム内にこれ以上の新型コロナウイルス陽性者が出ないことを多くのファンが願っているはずだ。