スバル、半導体不足で工場停止

群馬・矢島工場、減産1万台

©一般社団法人共同通信社

 SUBARU(スバル)は5日、世界的な半導体の供給不足を受け、群馬製作所矢島工場(群馬県太田市)の操業を10~27日に停止すると発表した。減産規模は約1万台に上る見通し。停止するのは主に平日の計13稼働日で、21日からは二つある生産ラインのうち一つは稼働する。

 28日~5月9日はゴールデンウイークの長期休暇のため、矢島工場の全ライン再開は5月10日になる。本工場(同市)と大泉工場(同県大泉町)は稼働を続ける。矢島工場はスポーツタイプ多目的車(SUV)「フォレスター」などを手掛けている。群馬製作所の2020年の生産台数は約57万台だった。