いきものがかり、NHK「SONGS」に登場 知られざるヒストリーと名曲の裏側に迫る

©株式会社アイ・シー・アイ

いきものがかりと大泉洋

いきものがかりが、NHK総合4月15日に放送される「SONGS」に登場することが5日、わかった。

2006年に「SAKURA」でメジャーデビューを果たし、今年でデビュー15周年を迎えた、いきものがかり。これまでに「NHK紅白歌合戦」に11回出場。「YELL」「ありがとう」「風が吹いている」など数々のヒット曲が老若男女に愛され続けている。また去年、これまでの所属事務所から独立。メンバー3人で心機一転、新たな一歩を踏み出している。

そんな3人が木曜夜10時半放送となった「SONGS」リニューアル2回目に出演する。番組責任者・大泉洋とのトークでは「今だから言えるいきものがかりの15年」をテーマに、なかなかデビューが決まらなかった日々やヒット曲を生み出し続けるプレッシャーなど、知られざる歴史とメンバーすら初めて聞いたというヒット曲誕生の裏側に隠された物語をNHKに残る秘蔵映像で紐解いていく。

去年夏にピアノ演奏で共演した内村光良もVTRで出演。番組で共演したエピソードや、内村から見た、いきものがかり3人への思いを語った。

また路上ライブ時代から歌っていた隠れた名曲を大泉の目の前で披露、弾き語りでのパフォーマンスに大泉も感動。意外なエピソードトークと、生のパフォーマンスで、いきものがかりのイメージが変わる収録になったという。

またスタジオライブでは「SAKURA」「ありがとう」という、大ヒット曲に加え、今の3人の思いが詰まった最新曲「TSUZUKU」を披露する。 (VTRゲスト)内村光良、本間昭光ほか

番組情報

「SONGSいきものがかり」放送予定 NHK総合4月15日(木)午後10:30~11:15 4月20日(火)午前0:53~1:38<月曜深夜>