サイバー犯罪の捜査に当たる人も!長崎県警察学校で初任科生115人が入校【長崎市】

©テレビ長崎

長崎県警察学校の初任科生の入校式が開かれ、115人が警察官や警察職員としての第一歩を踏み出しました。

長崎県警察学校の初任科生は、18歳から31歳までの115人で、うち34人が女性です。

7年ぶりにサイバー犯罪の捜査に当たる警察官1人も入校しました。

浜口 航 さん 「何者も恐れず、何者も憎まず、良心に従い、警察職務の遂行に当たることを固く誓います」

式で 平田 泰範 校長 は「これからの苦労と努力は成長するための試練である」と式辞を述べました。

田辺 桃代 さん 「体力も気力も必要で不安だが、一つ一つ受け止め、学んで立派な警察官になりたい」

橋本 玲央 さん 「安心安全な暮らしができるよう、たくさんの人とコミュニケーションを取りながら立派な町にしていきたい」

初任科生の入校期間は最長約10カ月で、寮生活を送りながら、法学や警察実務のほか 逮捕術などを学びます。