同性カップルの住所無断掲載 小林県議のブログ 議長、経緯調査と対応協議へ 三重

©株式会社伊勢新聞社

【定例記者会見で、小林議員の投稿について「対応を検討する」と述べる日沖議長=県議会議事堂で】

 日沖正信三重県議会議長は5日の定例記者会見で、小林貴虎議員(自民党県議団、1期、津市選出)がブログに同性カップルの氏名と住所を無断で掲載したことについて、経緯を調査して対応を協議する考えを示した。また、服部富男副議長は掲載した住所を削除するよう要請すると説明。小林議員は同日午後に削除した。

 問題を巡っては、小林議員が自身に公開質問状を送付した伊賀市内の同性カップルの氏名と住所をブログに掲載。氏名と住所が書かれた封筒を撮影して掲載した。公開質問状は小林議員に対し、パートナーシップ制度などへの見解を尋ねていた。

 日沖議長は、先月30日に稲森稔尚議員(草の根運動いが、2期、伊賀市)から議会事務局を通じて連絡を受けて小林議員の投稿を把握したと説明。「われわれは公人。SNSに発信力はあるが、県民の信頼を裏切らないよう自覚する必要がある」と述べた。

 また、服部副議長は「小林議員と同じ会派の議員として、話をしなければならないと思っている。住所や番地を写真で投稿するのはよろしくないと考える」と述べた。

 小林議員は取材に対し、氏名や住所の入った写真を掲載した理由について「公に議論するため、届いたものをありのままに公開する必要があると考えた。同性カップルだと明らかにして積極的に活動している方でインターネット上に住所を掲載している」と語った。

 写真をブログから削除した理由については「正副議長宛てに、たくさんの電話があった。ひどい暴言や誹謗中傷を受けたり、事実ではない話もされたりした」と説明。「インターネット上の投稿では家族の写真もさらされ、迷惑を受けている」と語った。