政府、13日にも原発処理水会議

首相は全漁連会長と面会へ

©一般社団法人共同通信社

菅義偉首相

 政府は、東京電力福島第1原発の処理水処分問題を巡り、早ければ13日にも関係閣僚会議を開催する方向で調整に入った。これに先立ち、菅義偉首相は7日にも処理水の海洋放出に反対する全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長と面会する予定だ。政府関係者が6日、明らかにした。

 処理水に関しては来年夏にもタンク容量が限界になる。政府は海洋放出を検討しているが、風評被害を懸念する漁業者は猛反対している。首相と岸会長との面会で、岸氏の理解が得られるかが焦点だ。内容次第で関係閣僚会議の日程も前後する可能性がある。