従業員の約5割がコロナ後もハイブリッドな働き方希望 ‐ 米シトリックス調査

©株式会社マイナビ

米シトリックスは世界12カ国の7250人の従業員を対象にパンデミックにおける働き方に関する調査を英OnePollと共同で実施し、その調査結果を3月18日(現地時間)に発表した。

同調査によると、パンデミック後、どのように仕事をしたいかという質問に対して、52%が毎日、リモートで働くかオフィスで働くかを選択できる「ハイブリッド・ワーク」を望んでいると回答したという。

また、約75%が、職場に通勤しなくても同等のクオリティの仕事ができるなら、別の都市への引越しを検討する可能性があると回答した。さらに45%が、もし転職するとしたら、柔軟な働き方やテレワークの選択肢がある仕事しか引き受けないと回答している。

【関連記事】

一方で、16%がオフィスに戻ることを望んでおらず、恒久的にリモートでの仕事を希望しているということがわかった。その理由として、リモートワークでは、仕事とプライベートの境目がなく、通勤時間も管理できないといったことが挙げられている。同調査によると、3分の2がリモートワークにおいて「(オフィスで働くときと)同じかそれ以上の時間働いている」と答えている。

そのほか、「家庭環境(子供、ペットなど)で気が散る」(41%)や、「同僚と連絡が取れず、孤独を感じている」(36%)、「仕事を進めるための適切なテクノロジーやアプリケーションが不足していると感じている」(28%)といった回答もみられた。

この調査結果を受け、米シトリックスCMOのティム・ミナハン氏は、「企業は、人とテクノロジーの間に、従業員の日々の『雑音』を取り除き、意味のある成果を出すため、また好きなように働くことができるよう、従業員体験を提供する必要がある」とコメントしている。