巨人突然の敗戦 “規定通り”も「せめて事前に説明できないものか」評論家の視点

©株式会社神戸新聞社

 7回終了時にコールドゲームとなる(撮影・飯室逸平)

 「阪神6-2巨人」(6日、甲子園球場)

 七回終了、降雨コールドで阪神が勝利した。

 七回、阪神・佐藤輝のあと少しで本塁打かという右飛で攻撃が終了。まだ甲子園が騒然としていた中で突然、試合が終わった。審判員が集まり協議を開始。そして、数分経たないうちに球審の橘高審判員が本塁ベース付近でコールドゲームを宣告した。

 試合開始から何度も土を入れる場面はあったが、ここでは整備することなく、試合終了が決定。三塁側の原監督は両手を上げて不満を示した。試合終了後も審判のもとへ説明を求め、真鍋塁審に話を聞く場面もあった。

 デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「だいたい、整備してから中止が決まるもの。ルール上は問題ないのだろうけど、せめて事前に説明はできないものか。覆すことはできないだろうし、6-2と点差は少しあったけど原監督が納得いかないのも理解できる」とした。

 勝利投手の西勇は笑顔がはじけたが、ファンも騒然。球場の大型ビジョンには「試合続行不能となりましたのでこの試合 7回を終わってコールドゲームとし 阪神タイガースの勝ち試合といたします」と記された。

 野球規則は、4.03(e)で「球審はプレイを中断した後、少なくとも30分を経過するまでは、打ち切りを命じてはならない」と規定している。

 これにのっとり、降雨コールドは30分以上の中断を経て、宣告されることが一般的だが、セ・リーグアグリーメント第27条(試合挙行・続行の可否の決定)では「降雨が激しく、試合続行が不可能と思われたときには、30分を待つことなく、試合を中止することができる」と定めている。

 試合後、原監督は「うーんまあ、審判の最良の判断ということなんでしょうね。まあ我々はほら、あまりそのグラウンド整備をしない状態で中止っていうことはなかなかないことだったから」と困惑の様子だったが、「審判団がゲームを支配しているわけだからそれに従うしかないということだね」とした。