医療従事者を目指して… 学生たちが新たな一歩

©千葉テレビ放送株式会社

 千葉県銚子市にある大学では7日、入学式が行われ、医療従事者を目指す学生たちが新たな一歩を踏み出しました。

 銚子市にある千葉科学大学の入学式には、医療従事者を目指す看護学部や薬学部などの新入生約450人が参加しました。 式典は、新型コロナの感染拡大防止のため通常よりも規模を縮小して執り行われました。

 挨拶に立った木曽功学長は、「自制心をもち、生活のリズムを整えながら、大学生活を充分楽しんでもらいたい」と述べ、新入生としての心得を説いていました。

 また、式典では在校生を代表して学生委員長の千葉拓也さんが、「目標を定めて、将来のために勉強してもらいたい。また、サークル活動にも積極的に参加してもらいたい」と述べ、新入生を歓迎しました。

看護学部の新入生 「コロナ禍の状況をみて、看護師不足ということだったので、大学でしっかり勉強して、早く現場で活躍できたらいいなと思って、看護学部を志望しました」

この記事はいかがでしたか?