マジ!?骨の髄までしゃぶり尽くせる”究極のホルモン” 人気焼肉店「大松」3号店の勝負メニューとは

©まいどなニュース

身がたっぷりの骨髄「これは当たり」

こんなメニュー、見たことない!?人気の焼肉ホルモン専門店「大松」が大阪・梅田に3号店をオープンさせた。場所は芝田でお初天神店や西宮北口店に負けない品ぞろえ。なかでも評判なのが”究極のホルモン”と名づけられた牛の骨髄だ。注文してみると、ちょっとグロテスクだが、これが結構いけた。バケットに乗せてアヒージョ風でいただくのがツウだとか。女性にうれしい成分も豊富だ。

アヒージョスタイルで「いただきます」

阪急梅田駅から徒歩でほぼ1分。新阪急ホテルからDDハウスに向かう途中、昭和レトロな看板が目印だ。店は4階建て。それぞれのシーンに応じて個室や1人カウンター、丸テーブルなどに分かれ、100席用意されている。

運営する株式会社ジョウジョウ(大阪市中央区)は「すし酒場さしす」「串カツ大吉」など大阪市内を中心に20店舗を展開。「大衆焼肉ホルモン大松」としては、お初天神店、西宮北口店に続く3店舗目となる。

阪急梅田駅からすぐ、昭和な感じの看板が目印

セールスポイントは全50品以上の豊富なメニュー。しかも、飲食事業部の加藤丞さんによると「スタッフが知恵を絞って、ここでしか味わえないオリジナル料理を用意しています」とのことだった。何が出てくるのだろう。

高まる期待感。まず3号店自慢のひとつが「コウネ」(680円)だ。大松では国産牛の前バラ肉を出しており、加藤さんは「コウネとは”炎の肉”という意味があり、炎が上がるほど脂がのっています。牛1頭につき、わずか2㎏しか取れませんが、コラーゲンとゼラチンが豊富」と解説してくれた。確かに関西人にはあまりなじみがないが、実はこれ、広島では定番の部位。広島に行くたびに結構食べており、タマネギを巻いて食べるのは新感覚だったが、正直それほどの感激はなかった。

広島名物「コウネ」が大阪・梅田で食べられる

しかし、さすがに「究極のホルモン」(880円)には驚きを隠せなかった。名前の響きと、数量限定の文字にそそられ、発注してみると、運ばれて来たのは何とまあ、牛の骨。骨髄だそうで、そのまま網の上で焼き、ネギやガーリック、塩昆布などで味付けし、そのままいただくか、バケットに乗せ、アヒージョスタイルで食べる。

おいしそうだけど、ちょっぴりデンジャラスな「痛風丼」

ぱっと見はグロテスクだが、よく見るとグツグツ煮たって、骨のところから中身が溶け出している様子が分かる。加藤さんは「これも希少部位。しかも、身がどれだけあるかは食べるまで分かりません。当たり外れがあるんですが、これは当たりです」と教えてくれた。何となくいい気分。味は変な癖もなく、女性にうれしいヒアルロン酸、コラーゲン、グルコサミンが豊富だとか。さすがは勝負メニューと言うだけのことはある。

焼き方解説付きなので初心者も安心

さらに、もうひとつ気になったのが堂々と裏メニューと書かれた「痛風丼」(980円)だ。冗談かのようなネーミング。ハラミユッケにウニ、イクラ、とびっ子などが乗せられ、見た目も鮮やか。危険な組み合わせに、尿酸値の高い筆者としては少しちゅうちょしたが、今回だけと言い聞かせ、しっかり最後までいただいた。

清潔でゆったりした店内

もちろん、定番の上タン塩(980円)、上ハラミ(880円)、ハラミユッケ(780円)、赤身盛り合わせ(1380円)なども人気。ホルモンの部位も豊富だ。さらに、「鯖オリーブ醤油」(390円)、「うずら玉子醤油油漬け」(300円)などのサイドメニューがあり、デザートのアイスクリームも用意されている。機会があれば、また骨の髄まで味わい尽くしたいものだ。

◇大衆焼き肉ホルモン「大松」芝田店
大阪府大阪市北区芝田町1-3-16 明治屋ビル
問い合わせ電話050(5872)5685

(まいどなニュース特約・山本 智行)