ソウル市長選で与党候補が敗北認める

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】ソウル市長選の与党「共に民主党」候補、朴映宣・前中小ベンチャー企業相は7日、記者団に「謙虚な気持ちで全てのことを受け止めながら進まなければならない」と述べ、敗北を認めた。