改革に挑む三重企業 (50) トータル建築確認評価センター 改正建築物省エネ法 対応に向け態勢整備

©株式会社中部経済新聞社

四日市市安島の四日市センター

 建築確認申請・検査などを手掛けるトータル建築確認評価センター(宇納芳樹社長)は、県内3カ所にある申請などを受け付けるセンターで、改正建築物省エネ法に対応する態勢を整えた。各拠点で省エネ適合性判定員をそろえる。同社は、2017年から建築物の省エネルギー性能判定を展開しており、その経験を生かし、施主や建築士からの相談にきめ細かく対応していきたい考えだ。