松本まりか“怪演”を封印し、”翻弄される”ダメンズ女子に「私にとっては新しすぎる」

©株式会社フジテレビジョン

4月10日(土)23時40分より、大地真央主演、フジテレビ系オトナの土ドラ『最高のオバハン 中島ハルコ』がスタートする。

本作は、大地演じる名古屋出身の毒舌スーパーレディ・中島ハルコが、ひょんなことから知り合った、松本まりか演じる庶民のダメンズ女子・菊池いづみを振り回しながら、東京と愛知を舞台に、世の中の悩みをぶった斬っていく痛快ストーリー。

左から)中島ハルコ(大地真央)、菊池いづみ(松本まりか)

松本が演じるのは、弱小出版社の編集兼ライターで、10年物の不倫に悩む38歳独身・いづみ。ドラマやバラエティ、声の仕事や写真集を通して、その演技力で世間を魅了している松本が、本作では“怪演”のイメージを封印。“翻弄される側”という新境地に挑む松本に話を聞いた。

<松本まりか インタビュー>

――本作のオファーが来た際はどんな気持ちでしたか?

今まで怪演系というか、すごく刺激的なものをみなさんが求めてくださっているから、そこに「応えたい」という気持ちで演じていたんです。でも、どこかで何か新しいものを求めている自分もいたりして。

そんな時に「こんな真逆な役が来たか」と。今まで私に求められていた怪演だったりは、まったく求められていなくて「これは一体何を私に求めているんだろう?」と最初は戸惑いました。

―そんな真逆の役、菊池いづみについて教えてください。

いづみは平凡で地味で、ちょっと抜けていて、強烈な個性で周りを振り回すハルコさんの一歩後ろに下がって、日が当たらないところにいる。物語を動かさない、刺激を与えないというリアクション側の役。

私(いづみ)目線で物語が進んでいくというストーリーテラーも初めてで、もうここまで新しい役はないんじゃないかなと思うぐらい、私にとっては新しすぎる役なんです。それに今回はコメディですしね。今までの私は、サスペンス系なので(笑)。

――プロデューサーが「松本さんの本質は、いづみ」と言っていました。

それを言われて、ちょっとドキッとしたんです。ある意味、私の本質かもしれないですね。そこを見抜かれているのが怖いです(笑)。

いづみは、頼りなくて、不安がいっぱいで、迷っていて、人にいつも影響される。それは逆に言えば素直ということなのですが、実は、いづみにはすごく素直な部分とポーカーフェイスな部分があるんです。

――いづみが心の声でツッコミを入れる、顔芸部分のことですね?

そうそう!すごく面白いのが、今回台本の中に「心の声」となる台詞がたくさん書いてあること。画面上では文字で表示されるのですが、演じる上では表情や仕草で表現するんです。だから、表面的には笑っていても心の中では毒づいていたり。

素直じゃないところが人間らしいし、いづみは社会性も持ち合わせているので、人に見せている顔と心中で思っていることが違うんですね。その裏腹な面白さを今回いづみという役で表現したいと思っているので、ドラマを見ている人にも、そこを楽しんでもらえたらうれしいです。

――大地さんとの初共演は、いかがですか?

初めてお会いしたときに、息を呑む美しさに時が止まってしまいました(笑)。肌が本当に綺麗ですし、美しさのレベルがちょっと違う方。でも、実際お話すると、とても親しみやすく、お茶目なところもすごくあって。

左から)中島ハルコ(大地真央)、菊池いづみ(松本まりか)

大地さんのことを知りたくなってしまって、「どんなご飯を食べているんですか?」とか「どんな運動しているんですか?」とか、思わず聞いてしまうんです。ホント、どうやって生きたら、あんなふうになれるんですかね(笑)。本当に、美しさと可愛さを兼ね備えた方でした。

――第1話では、イケメンゴリラ・シャバーニとも共演しますね。

やっぱりシャバーニは、オーラがすごい!別格なオーラがありましたね。シャバーニに会えたので、うれしくてテンションがすごく上がりました。ほかにも、「あ〜!あ〜!」と何度も叫ぶ、音声さん泣かせの猿(※)に現場が和み、東山動物園でのロケは本当に癒されました。

※フクロテナガザルのケイジとマツ

©名古屋市東山動植物園

――現場では、マネジャーさんがタッパーを持っているのを見かけました。

あれには、フルーツとかサラダが入っているんです。やっぱり、毎日ロケ弁だと栄養バランスが保てなくなってしまうので、体調管理のために自分で家で切って持参しています。

フルーツは季節によって変わるんですが、今日はブドウと柿。日によっては、野菜やプロテインなどで作ったスムージーをタンブラーに入れて持参することもあります。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

今って、みんな周りを気にしながら生きているところがありますよね。私と同世代の女性で言えば、自分の年齢とか老いに対してセンシティブになってくる年代。でも、『最高のオバハン 中島ハルコ』には、年を重ねたスーパーレディ・ハルコさんという人がいるんです!

周りから言われることに振り回されず、自分の生き方を貫く女性がこんなにも輝いているというのは、ドラマではありますが、私たち女性の希望になるんじゃないかと思っています。

私も大地さんにお会いして「こんなふうに美しくありたい」と思いました。それは、表面的な美しさだけではなくて、内面的な強さ、美しさを大地さん演じるハルコさんから教わったからだと思います。

“最高のオバハン”の言葉にハッとさせられたり、共感したり。クスッと笑えて、スカッとする。生きる上で自信を持たせてくれるようなドラマになっていると私は思っています。ぜひ見てください!

<第1話あらすじ>

38歳独身で10年物の不倫に悩む弱小出版社のライター・菊池いづみ(松本まりか)が出会ったのは、忖度無用の毒舌で人の心をグサグサ刺す、アラ還名古屋マダム・中島ハルコ(大地真央)。

超人気美容クリニックを都内で経営する超セレブ。ひょんなことからハルコの舎弟のようになったいづみは、後日、セレブパーティに誘われ、正妻気取りの愛人を目撃。ハルコが愛人に言い放った毒舌アドバイスとは!?