五輪、米国の有力選手らが抱負

出場が目標、希望も

©一般社団法人共同通信社

リオデジャネイロ五輪の女子1600メートルリレーでゴールするアリソン・フェリックス=2016年8月

 【ニューヨーク共同】東京五輪を目指す米国代表の有力選手らが7日、同国オリンピック・パラリンピック委員会主催のオンラインでの合同取材に臨み、陸上女子で通算6個の金メダル、3個の銀メダルを持つアリソン・フェリックスは「五輪が近づくにつれ希望を持てているし、興奮している」と語った。6月に代表選考会を兼ねた全米選手権に臨む。

 16年リオ大会の体操で女子4冠に輝いたシモーン・バイルスは「今の一番の目標が東京五輪」と待ち望んでいる。新型コロナの影響による海外からの観客受け入れ断念や、選手の行動制限についても理解を示し「いい大会になると思う」と好意的だった。