2月の経常黒字4.7%減

コロナ拡大で貿易収支悪化

©一般社団法人共同通信社

海外に向け輸出を待つ車=2020年8月、川崎市の東扇島物流センター

 財務省が8日発表した2月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は、前年同月比4.7%減の2兆9169億円だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済停滞が響き、貿易収支が悪化したため、7カ月ぶりのマイナスとなった。黒字は80カ月(6年8カ月)連続だった。

 経常収支のうち、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は5242億円の黒字で、61.6%減少した。輸出は米国向けの自動車が減少し、4.0%減の6兆752億円だった。