郵便局内で退職後も詐取か、長崎

元局長、正当業務装い

©一般社団法人共同通信社

 長崎住吉郵便局(長崎市)の元局長の60代男性が知人らから10億円超を詐取した疑いのある問題で、元局長は2019年3月の退職後も、局舎内の応接スペースで正当な業務を装い架空の金融商品を勧誘していたことが8日、関係者への取材で分かった。元局長の父親と息子も同郵便局の局長経験者で、局舎を私物化していたようだ。

 元局長は少なくとも1996年以降、高い利子を払うとうそをついて金融商品を勧誘し、知人ら50人以上から現金をだまし取った疑いがある。関係者によると、元局長は日本郵便の聴取に詐取を認めているという。