“35歳のしずかちゃん”が登場。資生堂「エリクシール」グローバルサステナビリティキャンペーン始動

©株式会社マイナビ

資生堂のスキンケアブランド「エリクシール」が、詰め替え用パッケージ紹介活動を通じて、プラスチックごみの削減を目指すグローバルサステナビリティキャンペーンを4月21日(水)よりスタートさせます。

キャンペーンでは「Small changes for a big difference」を伝えるため、「未来を生きる子どもたちのために、今、私たちができること。」がキーメッセージに。アジアでも高い認知率と好感度を誇る「ドラえもん」とコラボレーションして、「化粧品を詰め替えて使用する」という国・地域によっては新しい習慣を、日本から提案・発信します。

TVCMは35歳になった未来のしずかちゃんが起用された、「ドラえもん」史上初の3世代共演の3DCGムービー。しずかちゃんママ、しずかちゃん、そして未来のしずかちゃん、ノビスケ達の姿を「ドラえもん」が見守る、映画のワンシーンのようなつくりになっています。

■キャンペーン概要

特設サイトhttps://www.shiseido.co.jp/elixir/sustainability/

(マイナビウーマン編集部)