8日(木)午後は関東など太平洋側で天気急変のおそれ 落雷、突風、急な強い雨に注意を

©株式会社ウェザーマップ

 8日(木)午後は、北・東日本を中心に変わりやすい空模様となる。日本海側だけでなく、関東甲信や東海、近畿など太平洋側でも、急な雨や落雷、突風に注意が必要だ。なお、寒気の影響で、あす9日(金)にかけては、北日本の日本海側や北陸の山沿いで雪の降る所がある見通し。

  東北から東日本、近畿にかけては晴れている所が多いが、8日(木)午後は大気の状態が非常に不安定となる所があり、天気が変わりやすくなりそうだ。

 昼過ぎから雨雲が発達して、今夜遅くにかけて所々でにわか雨や雷雨となる見込み。関東を中心に天気の急な変化、落雷や突風に注意が必要だ。局地的にひょうが降るおそれがあるため、農作物や農業施設の管理にも注意が必要となる。

9日(金)北陸の山沿いでも雪

  寒気が南下する影響で、北日本の日本海側や北陸の山沿いは、今夜から9日(金)にかけて雪が降り、積雪となる所がある見込み。見通しや路面の状況が悪くなることが予想されるため、車の運転などは注意が必要となる。この方面は、落雷や突風にも注意が必要だ。  

 9日(金)は北日本や北陸で風が冷たく、新潟の最高気温は9℃までしか上がらない見込み。北・東日本の太平洋側、西日本は晴れる所が多いが、朝晩は空気が冷たくなりそうだ。また、空気がかなり乾くため、火の取り扱いに注意が必要となる。

週末の天気

 10日(土)は北日本や北陸で、午前中はまだ雲の広がる所があるが、北・東日本の太平洋側や西日本は晴れる所が多い見込み。11日(日)は西日本や東海で次第に雲が多くなるものの、東・北日本は晴れる所が多く、南風の影響で北日本は日中の気温が4月下旬並みまで上がる所がありそうだ。

13日(火)から14日(水)にかけては、低気圧の通過に伴い、全国的に荒れた天気となるおそれがある。北日本を中心に風が強まり、東・西日本の太平洋側は雨の強まる所があるため注意が必要だ。   (気象予報士・高橋和也