新百合ケ丘駅の地元野菜販売イベント好評 小田急社員ら企画 次回予定も 川崎

©株式会社神奈川新聞社

地元産の野菜が販売された直売イベント=川崎市麻生区(小田急電鉄提供)

 小田急線沿線の魅力を感じてもらおうと、小田急電鉄は3月26日、新百合ケ丘駅(川崎市麻生区)で地元野菜の直販イベントを開いた。同区の若手農家グループ「畑から、台所へ。」と協力、生産者と消費者の新たな接点の創出を目指した。

 コロナ禍でも地域を盛り上げたいと、同社の鉄道部門の社員らが企画。区内で盛んな都市農業を発信するため、日頃直売所を訪れない層をターゲットに、平日の夕方に駅構内で開催した。

 野菜は、地元特産ののらぼう菜や万福寺人参(にんじん)のほか、イチゴやタマゴなどを用意。イベントは3時間の予定だったが、2時間で売り切れるなど好評を博した。

 同社の岡本浩資さん(37)は「地域の良さを実感し、沿線で長く暮らしてほしい」と語り、農家グループの井上広基さん(37)も「直売所の来店客と違う層にPRできた」と話した。

 イベントは4月9日午後4時~同7時にも同駅南口付近で開く予定。