韓国映画「潜入」日本初公開 「オールド・ボーイ」「無頼漢 渇いた罪」も シネマートで特集上映

©合同会社シングルライン

「潜入」 ©2006 LittleBig Pictures All Rights Reserved.

韓国映画「潜入」が、4月30日よりシネマート新宿とシネマート心斎橋で開催される特集上映「ヨンギマンシブ(誰もが知る演技うまい俳優特集)」で、日本初公開となることがわかった。

2006年に韓国で公開された「潜入」は、「国際市場で会いましょう」「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」などのファン・ジョンミンと、「生き残るための3つの取引」「ベルリンファイル」などのリュ・スンボムが若き日に共演した作品。「ビッグマッチ」のチェ・ホが監督を務めている。1998年のIMF経済危機に見舞われた釜山を舞台に、かつての相棒を麻薬王に殺されたことから、麻薬一掃の使命に憑りつかれた刑事と、混沌極まる社会情勢を利用して成り上がりを目論む麻薬ディーラーの壮絶な攻防が描かれる。監督が「深作欣二監督作品に影響を受けた」と語るクライムアクションが展開される。

「ヨンギマンシブ(誰もが知る演技うまい俳優特集)」では他に、2004年日本公開のカンヌ国際映画祭審査員グランプリを受賞作「オールド・ボーイ」と、チョン・ドヨンとキム・ナムギルの共演作「無頼漢 渇いた罪」も再上映される。