5月4日「スター・ウォーズの日」ディズニープラスで配信開始!『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』日本版予告解禁

©株式会社近代映画社

ルーカスフィルム最新アニメーションシリーズ『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』が5月4日「スター・ウォーズの日」よりディズニープラスで日米同時配信されることが決定。配信に先駆け、日本版予告編も解禁された。

主人公は“異端”のエリート・クローン集団<バッド・バッチ>

ジョージ・ルーカス原案、デイブ・フィローニが監督を務め、多くのファンの心をつかんだアニメーションシリーズ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』。その『クローン・ウォーズ』に登場した“異端”のエリート・クローン部隊<バッド・バッチ>を主人公にした、ルーカスフィルムによる新たなアニメーションシリーズ 『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』が、「スター・ウォーズの日」である5月4日にディズニープラスで独占配信される。

突然変異の遺伝子を持って生まれた、個性豊かなクローン兵士集団「クローン・フォース99」=通称<バッド・バッチ>。『スター・ウォーズ エピソード 3/シスの復讐』の後、ジェダイ・オーダーが崩壊し銀河帝国の支配が始まった暗黒の時代を舞台に、新たな生きる道を模索する彼らは、卓越したスキルを武器に傭兵としてのミッションに身を投じていく…。

このたび解禁された日本版予告では、<バッド・バッチ>の5人、“リーダー”のハンター、“新たな仲間”エコー、“頭脳派”テク、“怪力”レッカー、“射撃の名人”クロスヘアーが縦横無尽に宇宙を駆け回る姿が見られる。さらに『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』に関連するキャラクターだけでなく、映画・ドラマのキャラクターが登場!

『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』に登場する帝国軍のターキン提督が『スター・ウォーズ エピソード 2/クローンの攻撃』に登場するカミーノアンと話し合う姿や、『マンダロリアン』腕利きの傭兵フェネック・シャンドがブラスターを構える姿など、思わず何度も見返したくなる胸躍らせる映像になっている。

製作総指揮は『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『マンダロリアン』で「スター・ウォーズ」ファンから絶大な信頼を得ているデイブ・フィローニをはじめ、アテナ・ポーティロ、ブラッド・ロウ、ジェニファー・コルベット。共同製作総指揮はキャリー・ベッグ、製作はジョシュ・ライムス、監修はブラッド・ロウ、脚本はジェニファー・コルベットが務め、これまで『スター・ウォーズ』を支えてきたドリームチームが集結する。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』
ディズニープラスで5月4日より日米同時配信

原題:Star Wars: The Bad Batch
製作総指揮:デイブ・フィローニ、アテナ・ポーティロ、ブラッド・ロウ、ジェニファー・コルベット|共同製作総指揮:キャリー・ベッグ|製作:ジョシュ・ライムス|監修:ブラッド・ロウ|脚本:ジェニファー・コルベット

© 2021 TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

「スター・ウォーズの日」とは?
毎年5月4日に映画『スター・ウォーズ』の世界中のファンがスター・ウォーズの文化を祝い、映画を楽しむ日。由来は、劇中の名台詞 “May the Force be with you.”(フォースと共にあらんことを。)の May theForce と May the 4th (5 月 4 日)をかけた語呂合わせから来ている。