企業倒産、30年ぶり低水準

20年度、公的支援が下支え

©一般社団法人共同通信社

 東京商工リサーチが8日発表した2020年度の全国の企業倒産(負債額1千万円以上)は、前年度比17.0%減の7163件だった。2年ぶりに減少に転じ、バブル期の1990年度(7157件)以来、30年ぶりの低水準となった。新型コロナ感染拡大を受けた実質無利子・無担保融資などの公的支援が企業の資金繰りを下支えした。

 負債総額は4.5%減の1兆2084億円と3年連続で減少し、31年ぶりの少なさだった。レナウンをはじめ大型倒産は増加したが、全体の件数が減少したことなどで金額は抑えられた。新型コロナ関連倒産は1148件。産業別では、サービス業が全体の3割強を占めた。