千葉市 高齢者へのワクチン接種 週明け開始

©千葉テレビ放送株式会社

千葉市 高齢者へのワクチン接種 週明け開始

 千葉市は8日、高齢者を対象にした新型コロナウイルスの優先ワクチン接種を週明けから始めると発表しました。まずは、高齢者施設の入所者と従事者を最優先に接種を始めます。

 ワクチンは、ドライアイスで冷凍された状態で搬送され、施設内の超低温冷凍庫ディープフリーザーに入れられました。

 ワクチンの量は2箱、およそ1000人分で、市はクラスターの発生に伴う影響を考慮し、高齢者施設を最優先に4月12日から接種を始めます。

 千葉市の神谷市長は8日の定例会見でまずは、若葉区の介護老人保健施設「秀眉園」で入所者と働く人に対しワクチン接種を始め、それ以外の高齢者施設でも順次、接種を進めると明らかにしました。

 高齢者施設に入っていない65歳以上の市民ヘの接種は、5月の中旬以降になる見込みです。