立法会の会期は元日からに変更へ

©HKP

立法会では4月1日、「全人代の香港特区選挙制度改善に関する決定」小組委員会の会議が引き続き行われた。2日付香港各紙によると、特区政府政制及内地事務局の曽国衛・局長は1日、今後の立法会の任期は1期4年を維持するが、会期は毎年1月1日から開始することになると表明。仮に現地立法が5月に順調に通過した場合、6月に選挙人登録を再開できると指摘した。地区別直接選挙枠の10区の選挙区をどのように区分けするかが注視されており、70万人を1つの選挙区として区分けするとも報道されている。曽局長はこれについて「当局は依然として選挙区の区分け作業を進めており、ちまたの情報は正確ではない」と述べた。非親政府派の鄭松泰・議員は区議会議員に代わって分区委員会、地区撲滅罪行及防火委員会から議員が選出されることは地域の声を反映できないのではと質問。曽局長は「区議会は近年、政治化してきたために機能が失われている。このため地区撲滅罪行及防火委員会などの組織が取って代わることは理にかなっている」と答えた。