蘭州市の白塔山を訪ねて

©新華社

蘭州市の白塔山を訪ねて

白塔山の山頂にそびえる白塔。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)

 【新華社蘭州4月8日】中国甘粛省蘭州市の黄河北岸に位置する標高1700メートル余りの白塔山は、元代に創建された白塔があることで知られる。白塔は白い外壁を持つ八角形の7層塔で、高さは約17メートル。チンギスハンに謁見する旅の途中、蘭州市で病死したチベット仏教サキャ派のラマを記念して建てられた。明代の景泰年間(1450~57年)に再建され、現在に至る。

蘭州市の白塔山を訪ねて

「金城三関」の扁額が掛けられた牌坊。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)

 山麓に架かる蘭州黄河鉄橋(中山橋)は、黄河で最初に設置された道路橋であることから「天下黄河第一橋」と称される。1909年に竣工し、現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。

蘭州市の白塔山を訪ねて

白塔山にある法雨寺の山門。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)

 白塔山と蘭州黄河鉄橋はいずれも、蘭州市を代表するランドマークとなっている。

蘭州市の白塔山を訪ねて

白塔山にある法雨寺の大雄宝殿。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)

蘭州市の白塔山を訪ねて

白塔寺の山門。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)

蘭州市の白塔山を訪ねて

白塔山にある夏禹岣嶁(かうこうろう)碑。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)

蘭州市の白塔山を訪ねて

白塔山から見た黄河。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)

蘭州市の白塔山を訪ねて

甘粛省蘭州市に架かる蘭州黄河鉄橋。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)

蘭州市の白塔山を訪ねて

蘭州黄河鉄橋から見た黄河と白塔山。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)

蘭州市の白塔山を訪ねて

蘭州黄河鉄橋から見た黄河。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)

蘭州市の白塔山を訪ねて

白塔山から見た蘭州黄河鉄橋。(2月8日撮影、蘭州=新華社配信/畢建鴿)