原沢、ウルフが優勝

柔道アジア・オセアニア選手権

©一般社団法人共同通信社

 柔道のアジア・オセアニア選手権第3日は8日、キルギスのビシケクで男女計5階級が行われ、東京五輪男子代表3人が出場した日本勢では、2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルで100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)が3試合を制して優勝した。決勝は金ミン宗(韓国)に優勢勝ち。 

 100キロ級はウルフ・アロン(了徳寺大職)が4試合を制して優勝(初戦は不戦勝)。ウズベキスタン選手との決勝は延長で一本を奪った。

 90キロ級の向翔一郎(ALSOK)は初戦から2試合連続一本勝ちで進んだ決勝で、ウズベキスタン選手に一本負けして2位だった。