有岡大貴「異世界にトリップしたかのような没入感を」2年ぶりの舞台で企画・プロデュースにも挑戦!

©株式会社フジテレビジョン

Hey! Say! JUMPの有岡大貴が企画・プロデュースを務める、観客参加型の謎解き演劇「ナゾドキシアター『アシタを忘れないで』」が、7月12日(月)~8月8日(日)に東京・グローブ座、8月11日(水)~15日(日)に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティでの上演が決定した。

2年ぶりの舞台となる有岡は、出演のほか、企画・プロデュースにも初挑戦。映像の世界で俳優としてのキャリアを伸ばしてきた有岡が、自ら企画した作品で、スタッフィングや全体構成などにも参加し、舞台初単独主演に挑む。

本作は「演劇」と「謎解き」を掛け合わせた「参加型!謎解き演劇プロジェクト」と称され、観客は観劇しながらも、作品の中に出てくる、主人公を悩ませ立ち止まらせる「謎」をともに解き、スマホやタブレットなどのツールを使って主演の有岡を手助けしていくという構成に。

物語の中にちりばめられた謎を解き、主人公を導くことによって、観客は物語への没入感をさらに体感しながら主人公と共に結末へと向かっていくという、「新感覚演劇」となっている。

出演は有岡のほかに、大東立樹(ジャニーズJr.)、羽村仁成(ジャニーズJr.)、佐野岳、福田転球といった面々が顔をそろえている。

脚本は岩崎う大、物語のカギとなる「謎」は松丸亮吾が担当

また、本作の脚本は、コント日本一を決める企画、“キングオブコント”で優勝を果たし、最近では劇団活動も多い芸人コンビ・かもめんたるの岩崎う大が担当する。

岩崎は昨今、コント以外での活動として本格展開している“劇団かもめんたる”の公演では、20年、21年と2年連続して岸田戯曲賞の候補にあがっており、脚本家としても実力を発揮。本作ではウェルメイドな物語を描き出してくれることが期待されている。

そして、物語の進行で重要なファクターとなる「謎」は“謎解きクリエイター”として活躍中の松丸亮吾が制作。共演番組での休憩中に、有岡と今回の舞台の話で盛り上がり意気投合したことによりタッグが組まれたという。書籍や番組などでも多くの「謎」を制作してきた松丸が、物語のカギとなる「謎」をちりばめ、観客を物語の中に引き込んでいく。

謎を解いていく先には、いったいどんな結末が待っているのか。有岡が今回試みる観客参加型の“ナゾドキシアター”という新感覚演劇の仕掛けに、期待値も大いに高まっている。

有岡大貴コメント>

有岡大貴

「グローブ座で何かやってみませんか?」 と、お声がけをいただき 「“謎解き”と“演劇”が融合したものを劇場でお届けしたらどんなものが生まれるだろうか」と考えました。

閉塞感のあるこの状況下で、異世界にトリップしたかのような没入感のあるエンタメを感じてもらい、お客さんには客席でスマホを使って参加型の演劇を体感していただきます。

演出には橋本和明さん、謎監修に松丸亮吾さん率いる謎解きクリエイター集団「RIDDLER」、脚本にかもめんたるの岩崎う大さんにご参加いただけることとなり、他にも素晴らしいスタッフ、キャストにお集まり頂いています。

「こんなことができたらいいな」という想いが僕自身の想像を超えて形になる予感がしています。 この作品をお届けできる日を楽しみにしています。

「ナゾドキシアター『アシタを忘れないで』」最新情報は公式サイトまで。