【コラム・天風録】もう、だまっとれん。

©株式会社中国新聞社

 参議院ホームページの検索窓にその人の名前を入れてみた。本会議ごとの議員名簿に何カ所か出てくるが、クリックすると「見つかりません」。国会の会議録にも、本人の言葉は見当たらない。河井案里氏である▲選挙買収で当選が取り消されたのだから無理もないが、周りの苦々しい記憶は簡単には消えまい。おととしの夏、参院選広島選挙区で彼女に票を投じた有権者は29万5871人に上る。1票を無にされ、今ごろどんな思いが去来していることだろう▲満天下にさらした広島の恥を捨て置くわけにいかない。きのう始まった再選挙は汚名をそそぐ戦いでもあろう。それかあらぬか、広島県選管のキャッチフレーズは意味深長である。<だまっとれん。>▲「未来を分ける政治に無関心で本当にいいの」という本旨を超え、座視するなと怒りに火をつけそう。投票日が同じ参院補選に入った長野県の<〓いいね選挙。>や衆院補選を控える北海道の<大声になる、一票を!>に比べ、攻めの姿勢が際立つ▲再選挙など度々あるものではない。「2票目」の行方には全国の関心も高い。投票日は語呂合わせで、よ(4)し、選挙に(2)ゴー(5)と読める4月25日。

 【お断り】〓はハートマークですが、JISコードにないため表示できません。