吉田沙保里“イメチェン”に心無い声…アンチ噴出「キャラじゃない」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

4月3日、元レスリング選手の吉田沙保里がインスタグラムを更新。春らしいピンクのインナーカラーを入れたヘアスタイルを披露した。しかし、彼女の振る舞いに、ネット上からは批判の声があがっている。

話題になっているのは、《ピンクのインナーカラー、入れたよー。色んな色が混ざって、めちゃ良い感じに仕上がったぁー。春っぽくていい》といった文章と共にアップされた、女性らしさに溢れる吉田の写真。

A post shared by 吉田沙保里 (@saori___yoshida)

ちなみに彼女がインスタグラムでアップする内容は、レスリング1、身内との馴れ合い2、自撮り7…というような割合で構成されており、現役時代を見守っていたファンは、少し不快に感じているという。

吉田のアピールにウンザリ? ネット上でバッシング

今回の出来事に関して、ネット上では、

《カラコンとピンク色の髪似合ってない…。この人はカッコいい系の方が似合いそう》
《かわいいと言わなきゃいけないような空気があるよね》
《おしゃれを楽しむのは良いけど、似合うものと似合わないものがある事を学んでほしい。年相応の着飾り方ってあると思う》
《好きなことしたいって思うけど、こういうの見ると思い止まってしまうよね》
《服をカッコイイ系にして、カラーも暗めのブルーだったら似合うと思うんだけどな》
《美人キャラではないので、アスリートのままでいいのに》

などと、〝年相応〟のおしゃれをするべき…といった指摘が続出している。

「現役を引退してメディア露出が増えたあたりから、吉田のアンチも急増。決定的だったのは、2018年1月にレスリング選手の伊調馨が元全日本女子レスリングヘッドコーチ栄和人氏をパワハラで告発した際に、吉田が無言を貫いていたから。これがキッカケで、女性からの評判もガクッと下がってしまったようです」(芸能ライター)

現役時代の〝霊長類最強女子〟という異名とは裏腹に、女性らしさをアピールしまくる吉田。そのギャップに置いてかれてしまった人が、アンチになってしまったのかもしれない…。