横浜でひき逃げ、男性死亡 「人だと思わなかった」タクシー運転手逮捕 勤務中で客乗車

©株式会社神奈川新聞社

伊勢佐木署

 神奈川県警伊勢佐木署は10日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、横浜市金沢区六浦南、タクシー運転手の男(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は、9日午後7時45分ごろ、同市中区長者町8丁目の県道でタクシーを運転し、住所不詳、無職の男性(68)をひいて、そのまま逃げた、としている。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。

 署によると、同容疑者は「事故を起こしたことは間違いないが、人だとは思わなかった」と供述している。署は目撃者の証言などから、男性が交差点付近の車道を歩行中に倒れ、タクシーにひかれたとみている。

 現場は信号機のある十字路交差点の付近。タクシーは青信号で直進中だった。後続車両のドライブレコーダー映像からナンバーが判明し、同容疑者が浮上した。当時は勤務中だったという。署は、男性の死因や事故原因を詳しく調べている。