須崎優衣、1位で初の五輪

レスリング、アジア予選

©一般社団法人共同通信社

女子50キロ級 インド選手(左)と対戦する須崎優衣=アルマトイ(共同)

 レスリングの東京五輪アジア予選第2日は10日、カザフスタンのアルマトイで女子6階級が行われ、5選手による総当たりの50キロ級で21歳の須崎優衣が4試合を全てテクニカルフォール勝ちして1位通過を決め、五輪出場枠を獲得した。日本協会の選考基準を満たし、初の五輪代表に決まった。

 2017年、18年世界選手権女王の須崎はウズベキスタン選手、韓国選手、インド選手、モンゴル選手にいずれも無失点と攻守に圧倒した。

 女子の日本勢は57キロ級の川井梨紗子、62キロ級の川井友香子の姉妹ら5階級で既に五輪代表が決まっていた。(共同)

レスリングの東京五輪代表に決まった須崎優衣