東出昌大 松山ケンイチのなりきりぶりに、本物のボクサーと間違える 映画「BLUE」舞台あいさつ

©合同会社シングルライン

「BLUE/ブルー」の写真をもっと見る

松山ケンイチ、東出昌大、柄本時生が、成功を約束されていなくとも努力を尽くすボクサーを演じる映画「BLUE/ブルー」の公開記念舞台挨拶が、4月10日に都内で開催され、主演の松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大、柄本時生、𠮷田恵輔監督が登壇した。

ボクサーを演じた松山、東出、柄本。役作りやボクシングシーンについて問われた松山は、「東出くんも時生くんも結構やっちゃう人だから、足を引っ張らないように頑張りました」と振り返った。東出は「ジムに行った時に隅の方でシャドーをしている人がいて、プロの方が練習に来てるんだなと思っていたら松山さんでした。もう完全にジムの住人になっていましたね」と、松山の役作りに驚いていた。そんな彼らを見ていた木村は「“あいつのあのステップいいよね”“どうやって減量してる?”といった話をしていて、この人たちは役者じゃなくてボクサーなのかもしれないなって思っていました(笑)」と笑顔を見せた。

特に印象に残っているシーンやお気に入りのシーンについて、松山はクランクイン日に撮影したという瓜田が試合で負けたあとのシーンを挙げ、「部屋で1人うなだれるだけのシーンだったんですけど、僕が1人でいる時にいろいろ思い出すと、勝手に“バカヤロー”とか言ってたりするんですよ。それで、監督に”1人の時に何か言ったりしますかと聞くと”、“違う、違う…”って言ってると。それがすごくいいなと思い取り入れてみました」と、監督との会話の中からでき上がったシーンだったことを明かした。

後半には、4人目のボクサー洞口役を演じた守屋周徒が客席にいることが紹介され、会場は盛り上がった。最後に松山は、「映画って背中を押してくれたり、何かを教えてくれたり、勇気を与えてくれるものだと思います。僕自身もそうですが、映画を見て救われることもあると思います。今はなかなか自由に生活できない状況が続いているけれども、そんな中でも映画の力っていうのは何も変わっていません。これからも、こうして映画の力をみなさんと共有していけたらと思っています」とコロナ禍における映画への熱い思いと力強いメッセージを送った。

「BLUE/ブルー」は、「ヒメアノ~ル」「犬猿」などを手がけ、リアリティあふれる描写で人間の光と影を表現し続けてきた𠮷田恵輔が、監督・脚本を務めた完全オリジナル作品。8年の構想期間をかけて作られた。挑戦者を象徴する”ブルーコーナー(青コーナー)”で戦い続ける者たちの生きざまを描いている。松山ケンイチ、東出昌大、柄本時生が、成功を約束されていなくとも努力を尽くすボクサーを演じる。

【作品情報】
BLUE/ブルー
2021年4月9日より新宿バルト9他、全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム
©2021「BLUE/ブルー」製作委員会