【高校野球】橘、慶応、平塚学園など好発進 春季神奈川県大会が開幕

©株式会社神奈川新聞社

【金井―橘】5回表橘2死一、三塁。太田恵が左翼へ3ランを放つ=等々力

 高校野球の春季神奈川県大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)は10日、等々力球場など14会場で1、2回戦27試合を行って開幕し、橘や川崎総合科学、慶応、平塚学園などが勝ち進んだ。

 横浜隼人は藤嶺藤沢を5─3で下し、海老名は厚木東にサヨナラ勝ちした。立花学園はレホアン・フック(3年)の本塁打など16安打14得点で法政二に快勝。相模原弥栄の右腕永守蓮(3年)は山北打線を1安打無失点に封じ、七回コールド勝ちにつなげた。

 第2日は11日、同球場など12会場で2回戦23試合を行う。