母にAR花束を贈る。スマホに映ったそれが会話に花を咲かせた

©株式会社朝日新聞社

誕生日、歓送迎会、卒業式、母の日、勤労感謝の日…数あるイベントで贈り物の定番といえば花束。
株式会社gluonは、AR(拡張現実)を活用し、花束をデータとして送れるオンラインサービス「FLOWER 4U」を開始した。

今回は、母の日が近いこともあり、「FLOWER 4U」を使い実家にいる母にAR花束を送ってみた。

楽しみ方

贈る側は、まずウェブサイトから好みの花束を選ぶ。花束は大きさや色合いなどの違う、100円〜1000円(税込)の6種類を用意。

ここに「Happy Birthday」「Thank You」「Congratulations」「I Love You」の4種類の立体的なメッセージを添えることもできる。

好みの花束、メッセージが決まったら購入するのだが、会員登録などの作業もなくクレジットカードで簡単に買えた。購入すると1ヶ月間有効なURLが発行されるので、友人や家族、恋人など大切な人へURLを贈るだけ。

贈られた側は、URLを開き【ARを見る】を押すとARの花束が画面越しに出現。ブラウザ上で花束を上下左右さまざまな角度から見られ、また好きなところに飾り鑑賞することもできる。

良かった点

実際に母に送ってみた。良い点は、アプリのインストールなどめんどくさい作業がなく楽しめる点。
母のように、デジタル周りが不得意な人に贈る場合は、複雑だと楽しむ前に挫折する可能性もある。シンプルな設計は贈り物として非常に良かった。

あと値段のちょうど良さもポイント。100円(税込)から送れるので、「面白そうだからちょっと試しにやってみよう」という気持ちで購入できる価格設定も良かった。

注意点

発行されたURLはLINEで共有したのだが、そのままタップしてLINE内で開くと【ARを見る】がタップできずARが開かなかった。

楽しむ際は、URLをコピーしてGoogle ChromeやSafariなどのウェブブラウザにURLを貼り付けると【ARを見る】がタップできて楽しめる。この点は注意が必要だ。

・ ・ ・

花束の魅力はその大きさ、華やかな香りや色合いであろう。画面内で贈られるデータのプレゼントに、感情が揺さぶられないと思う人もいると思う。

ただ、贈ってみると「どうやるの?」「すごいね、見て見て!」「こんなこともできるよ」などの会話が生まれ、家族で楽しめるプレゼントだった。
この花束の魅力は、贈る方と贈られた方が互いにコミュニケーションをとり、必然的に会話がうまれる、その共有されるひとときが魅力なのだと思う。

次のお祝いは、一味違った花束を贈って盛り上がってみては?

株式会社gluon

大村宗資