『刀ステ』客席360度回転、前作からバトンの「大坂夏の陣」開幕! 鈴木拡樹「圧感の殺陣を」

©株式会社マイナビ

TBS開局70周年記念 舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣-の公開ゲネプロが、10日に東京・IHIステージアラウンド東京で行われた。

TBS開局70周年記念 舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣-

同作は『刀ステ』と呼ばれるシリーズの最新公演。名立たる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案に舞台化し、圧倒的な人気を博している。2021年は360°の回転ステージであるIHIステージアラウンド東京で、1〜3月に上演された「大坂冬の陣」からのバトンを受け取り、「大坂夏の陣」の公演が幕を開ける。

11日より開幕する「大坂夏の陣」には、三日月宗近(鈴木拡樹)、数珠丸恒次(高本学)、骨喰藤四郎(三津谷亮)、薬研藤四郎(北村諒)、へし切長谷部(和田雅成)、大千鳥十文字槍(近藤頌利)、泛塵(熊谷魁人)、鶴丸国永(染谷俊之)と8振りの刀剣男士が登場。また、豊臣秀頼(小松準弥)、猿飛佐助(風間由次郎)、霧隠才蔵(河合龍之介)、穴山小助(牧田哲也)、三好清海入道(坂口修一)、三好伊三入道(竹村晋太朗)、海野六郎(高田淳)、由利鎌之助(行澤孝)、筧十蔵(久保田創)、望月六郎(伊藤教人)、根津甚八(星璃)、そして高台院(一路真輝)が重厚な歴史ドラマを盛り上げる。

今作では刀剣男士に加えて、歴史に存在しないはずの真田十勇士たちも個性豊かなキャラクターを見せる。映像をたっぷり使い、圧巻の殺陣など、IHIステージアラウンド東京の面白さを引き出した内容は必見。上演は4月11日〜6月27日、DMM.comにて4月13日の12時半公演、18時公演のライブ配信・ディレイ配信を行う。

三日月宗近役:鈴木拡樹 コメント

舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣-からストーリーのバトンを受け取り、舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣-全100ステージ完走を目標に、戦い続ける座組が出陣します。応援、ご協力、宜しくお願いします。360度回転式のステージと圧感の殺陣をお楽しみください。
皆様お待たせ致しました、「刀剣乱舞。はじめよう」

数珠丸恒次役:高本学 コメント

この度、たくさんの方に長年愛されている舞台『刀剣乱舞』に出演させて頂き、数珠丸恒次という役を演じる事が出来て光栄に思います。
IHIステージアラウンド東京での最大級のスケールに見合う様に、また天下五剣の一振りに相応しいパフォーマンスをお届け出来る様に、懸命に稽古に挑ませて頂きました。
全100公演、誰一人欠ける事なく乗り切って「冬の陣」の皆様が繋いでくださったバトンをしっかり受け取り最後まで走り切りたいと思います。是非、楽しみにご来場ください。

骨喰藤四郎役:三津谷亮 コメント

舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣-いよいよ開幕です。
厳しい日常を忘れ、観劇の皆さん、配信を視聴してくれる皆さんと、エンタメのドキドキを感じて頂けるように、カンパニーの一同みんなで走り抜けたいと思います。
応援よろしくおねがいします!

薬研藤四郎役:北村諒 コメント

舞台『刀剣乱舞』。実に5年ぶりにこうして再び薬研藤四郎として出陣できるのは、本丸を守り戦い続けている刀剣男士の皆と、審神者の皆様のおかげです。
冬の陣を戦い抜いた尊敬する仲間たちの想いを背負い、前人未到の戦へ挑みましょう。
最後まで、何卒よろしくお願い致します!

へし切長谷部役:和田雅成 コメント

何よりも最後まで全員で戦い抜く。
それが一番の目標です。
このご時世、観劇するかどうかを迷う方もいらっしゃると思います。
自分にとっての正解で良いです。
その応援してくださる想いも乗せて戦わせて頂きます。
また元気に笑顔でお会いしましょう。

大千鳥十文字槍役:近藤頌利 コメント

舞台『刀剣乱舞』初参戦です。
たくさんの方から愛される作品に関われたことを嬉しく思います!
1公演1公演魂を込めて届けます!
それを100回もできるんだから僕たちって幸せ者ですね。
素敵な役に出会わせてくれてありがとうございます。
最後まで怪我に気をつけて戦い抜きます。
応援よろしくお願いいたします!

泛塵役:熊谷魁人 コメント

今日から100公演・新次元・新感覚なエンターテイメントをお届けするという大きな挑戦の日々が始まります。
これまで毎回の稽古を大切に全力で取り組んできました。
生の演劇の良さを体感し、再認識して頂ける舞台だと思います。
泛塵の舞台『刀剣乱舞』への初陣、そして、毎公演全ての公演へ挑戦し続ける姿をぜひ劇場でご覧頂けたらと思います。

鶴丸国永役:染谷俊之 コメント

また刀剣乱舞の世界に帰ってくることができ、とても嬉しく思います。
冬の陣、そしてこれまでの作品の想いを全て背負って、夏の陣を大成功に収められるよう、全力で頑張ります。
驚きの結果を、観に来てくださるみなさんにもたらせられるよう、千秋楽まで駆け抜けます。 最後まで応援宜しくお願い致します。

あらすじ

西暦2205年。
歴史の改変を目論む「歴史修正主義者」によって過去への攻撃が始まった。
時の政府は「審神者」なるものたちに歴史の守護を命じる。
その審神者の物心を励起する力によって生み出された「刀剣男士」たちは、
さだめられた歴史を守る戦いへと身を投じるのだった。

慶長十九年、大坂。
方広寺鐘銘事件を発端に、徳川家康率いる幕府軍と豊臣秀頼を長とする豊臣家の間で勃発した戦国時代最後の大戦、大坂の陣。その皮切りである冬の陣では、圧倒的不利と見られた豊臣方が浪人衆たちの助勢により善戦。戦いの長期化を懸念した徳川方は和睦交渉に転じ、豊臣方もその条件をのむこととなる。
その裏には、歴史を巡る刀剣男士と時間遡行軍の戦いがあった。山姥切国広率いる部隊の働きにより、1度は守られたかに見えた歴史。しかし、さだめられた未来に一矢を報いようとする真田信繁が、歴史とは異なる局面で自刃。その事実は、あるものたちが信繁の影武者を仕立て上げることによって隠蔽されるのであった。

表向きだけの正史が遂行される歴史。
大坂夏の陣の時代に、へし切長谷部を隊長とした三日月宗近、鶴丸国永、数珠丸恒次、骨喰藤四郎、薬研藤四郎からなる部隊が出陣する。
たどり着いた大坂城下町は、祭りのような喧騒が溢れ返っていた。聞き込みによると、豊臣軍は徳川率いる幕府軍を相手に連戦連勝しており、町人たちは気の早い戦勝祝いに沸いているとのこと。
豊臣滅亡という本来の歴史からずれ始めていることを察する刀剣男士たちは、任務の最中で奇妙な士たちに遭遇する。それは、史実には実在するはずもない真田十勇士であった。

一方、政府より命じられた“ある任務”のために先んじてその時代へとやってきていた大千鳥 十文槍と泛塵。ある事情により泛塵と別行動を取る大千鳥は、状況を打開するために三日月宗 近に接触を試みる。

やがて刀剣男士たちは、大坂夏の陣の頃には解体されてなくなっているはずの真田丸を訪れることとなる。そこで彼らを迎えたのは、三日月宗近の元主である高台院湖月心尼であった。

(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会 (C)2015 EXNOA LLC/Nitroplus