高谷らフリー五輪枠逃す

リオ銀の樋口は計量失格

©一般社団法人共同通信社

 レスリングの東京五輪アジア予選最終日は11日、カザフスタンのアルマトイで男子フリースタイル6階級が行われ、86キロ級の高谷惣亮(ALSOK)ら日本勢は決勝進出を逃し、2位までの五輪出場枠獲得はならなかった。57キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの樋口黎(ミキハウス)は体重オーバーのために計量で失格した。

 五輪2大会出場の高谷は準決勝で中国選手に競り負け、3位決定戦でキルギス選手に勝った。125キロ級の田中哲矢(自衛隊)は準決勝で屈し、3位決定戦を負傷棄権した。97キロ級の赤熊猶弥(自衛隊)は初戦で敗れた。