中国の科学者、生息する標高が最高のヤモリの新種を発見―中国メディア

©株式会社 Record China

中国の科学者は金沙江中流の四川省と雲南省の省境の乾熱河谷で、ヤモリ属の新種「金江ヤモリ」を発見した。この新種は現在分かっているうちで、生息地の標高が最も高いヤモリ属だ。この研究成果はこのほど、国際的な両生類・爬虫類学術誌「Asian Herpetological Research」に掲載された。新華社が伝えた。
中国科学院成都生物研究所両生類・爬虫類学研究チームは2019年8月27日、四川省カンゼ・ チベット族自治州巴塘県の南部を調査し、現地のチベット族の村人を訪問した。両生類の手がかりを調査する際に、その村人は急にヤモリの写真に興味を示した。そして、自宅の猫は夜間にこうしたヤモリを数多く捕まえていると話した。
これが調査隊の注意を引き起こした。調査隊はその後の夜間、村人の玄関前の渓流の岩に数匹のヤモリを発見し、その後さらにカンゼ・ チベット族自治州得栄県でいくつかの個体を発見した。ほぼ同じ時期に、中国科学院成都生物研究所の江建平研究員が率いる別の青蔵高原(チベット高原)科学調査隊も、雲南省徳欽県の金沙江河谷で同じ種類のヤモリを発見した。
研究によると、この新種は小ぶりで、鼻と口の鱗が連なるといった特徴がある。金江ヤモリは独立した分岐で、「Gekko scabridus」とは姉妹群だ。
研究者によると、この新種のヤモリは現在分かっているうちで、生息地の標高が世界で最も高いヤモリ属だ(標高2000-2476メートル)。その分布範囲は金沙江の乾熱河谷地帯に集中しており、遭遇しやすい。河谷の灌木や石の間に生息している場合が多く、建築物で発見されたこともある。雄よりも雌の方がはるかに多く見つかっており、繁殖期は5-6月と推測されている。金江ヤモリの発見は、熱帯及び亜熱帯に分布するヤモリ属の青蔵高原への進出・拡散メカニズムの研究に重要なモデルを提供した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)