今だからこそ知りたい! もっとお得な回数券の使い方 第2回 コーヒーチケットチェーン店比較! どの店でどれくらい安くなる?

©株式会社マイナビ

最近は、町にたくさんのコーヒーショップがあります。仕事の合間の待ち時間や休憩に、そしてリモートワークにコーヒーショップを利用する人も多いのではないでしょうか。そんな時、コーヒーが少しでもお得に飲めると嬉しいですね。

今回はコーヒーショップそれぞれのお店を、お得に利用できる方法をお伝えします。

数百円のコーヒー代が家計を圧迫「ラテマネー」ってなに?

最近「ラテマネー」という言葉をよく耳にするという人もいるかもしれません。ラテマネーとは、アメリカの人気資産アドバイザーのデビット・バック氏が定義した言葉で、1回の支出額は少なくても積み重なると大金になるというお金のことをいいます。

例えば、1杯400円のコーヒーも、毎日飲むと1カ月で1万2,000円、1年間で14万4,000円の支出になります。

コーヒーもポットに入れて家から持参すれば節約にはなりますが、やはりコーヒーショップを利用することで得られる付加価値も大切にしたいでしょう。そのためには、少しでもお得にコーヒーを楽しめる方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

コーヒーチケットが使えるお店、どれくらいお得になる?

コーヒーチケットはコーヒーの回数券のようなものです。電車に乗るとき回数券を利用する人もいるでしょう。同じように前売り回数券を購入することで、コーヒーも1杯当たりお得な価格で楽しむことができますよ。

コメダ珈琲店

コメダ珈琲店のコーヒーチケットは、20種類から1杯を選んで利用することができ、有効期限がありません。チケットは店舗によって枚数や値段が違います。また、発行店でしか利用できないので、利用するお店で確認してくださいね。

モスバーガー

6枚綴りの「コーヒー&紅茶チケット」が1,019円(税込1,120円)で販売されています。コーヒー、紅茶と引き換えることができます。最大410円(税込)お得になります。有効期限は販売日より3カ月で、表面に捺印の店舗で利用できます。

ベックスコーヒーショップ

5杯分の価格で6杯のコーヒーを楽しむことができます。チケットは1,250円(税込)なので、コーヒー1杯分がお得になります。また、250円(税込)を超える飲み物やサイズアップは差額をプラスすると利用できますよ。有効期限は販売日より6カ月です。

サブウェイ

ドリンクSサイズ5杯分のチケットが800円(税別)で販売されています。Sサイズのドリンクは通常価格220円~240円なので、1杯分以上お得になる計算です。イートイン専用とテイクアウト専用があるので、テイクアウト派の人もお得に利用できます。有効期限は6カ月で発行店でのみ有効です。

星野珈琲店

珈琲券が6枚綴りで2,000円(税別)で販売されています。450円までの飲み物に利用できます。仮に450円の飲み物に利用すると、450円(税別)×6=2,700円(税別)なので、700円(税別)分お得になります。

またモーニング専用のチケットは10枚綴りで3,000円(税別)です。モーニング専用のチケットは有効期限が3カ月ですが、モーニングタイムに利用する人や朝活などで利用する人にはお得に利用できそうですね。チケットは、発行店でのみ有効です。

チケットはなくてもお得に楽しむ方法は?

自分がよく行くコーヒーショップは、コーヒーチケットを販売していないという場合でも、少しでもお得に楽しむ方法があれば嬉しいですね。

スターバックスコーヒー

スターバックスコーヒーでは、「スターバックス(R)リワード」というサービスがあります。My Starbucksに会員登録をして、スターバックスカードを公式アプリやWebで登録して参加します。

全国のスターバックス店舗やオンラインストアなどを利用する時にスターバックスカードで支払うと54円(税込)あたりStarが1つ集まります。1年以内にStarを250集めるとGoldStar会員になります。

GoldStar会員はStarを150集めるとReward eTicket 1枚と交換できます。Reward eTicket は、好きな商品と交換することができます。700円(税別)を超える場合は差額の料金を支払えばOKです。つまり、8,100円(税込)分購入すると700円(税別)分リターンがあるという計算ですね。

ドトールコーヒーショップ

ドトールバリューカードを1枚330円で購入することで、全国のドトールコーヒーショップ、エクセルシオールカフェ、カフェレクセル、カフェドトールで利用できます。

発行時に330円かかりますが、300円分のポイントがついているので実質無料でカードを作ることができます。

カードは、2,000円以上チャージすると金額の5%のポイントが、商品を購入する時に100円ごとに1ポイントが貯まります。貯まったポイントは、1ポイント=1円単位で全商品に利用できます。

まとめ

決まった店舗を利用する場合はコーヒーチケットを、いろいろな場所でコーヒーショップを利用する機会が多い人はポイント制度を利用するなど、自分の行動パターンに合わせてお店を選ぶといいですね。

ぜひ参考にして、お得にコーヒータイムを過ごしてくださいね。

安部智香

女性のためのお金の総合クリニック「エフピーウーマン」認定ライター ファイナンシャルプランニングオフィス代表、ファイナンシャルプランニング技能士2級、AFP(日本FP協会認定)、一種外務員資格
短大卒業後、証券会社に勤務。在職中は資産運用のアドバイスを担当。結婚退職後は、証券会社在職中に得た知識を活かし投資による資産形成を行っていたが、周りの主婦の大半は投資の方法を知らないことに気付く。そのため、「もっとお金のこと、家計のこと、資産運用のことを伝えたい」という思いで個人事務所を立ち上げる。個別相談、執筆業務、マネーセミナー講師として活動中。著書は「幸せなお金持ちになるマネーレッスン♪」(パブラボ)
エフピーウーマンでは、女性のための無料マネーセミナー「お金のmanaVIVA(学び場)」を無料開講中!