「うっせぇわ」MV制作のWOOMAがTV初出演 くっきー!の優しさ感じる

©株式会社マイナビ

歌手のAdoが歌う話題の曲「うっせぇわ」のミュージックビデオを手がけたイラストレーター・WOOMAが、きょう12日に放送されるカンテレ・フジテレビ系バラエティ番組『所JAPAN』(22:15~)で、テレビ初出演。くっきー!が作詞作曲した楽曲に合わせて、陣内智則が描いた謎の犬「しぽくろー(仮)」のイラストを使ったミュージックビデオを制作する。

WOOMAは「“憧れの人”くっきー!が来てくれるなら」という条件で、テレビ初出演。顔出しNGのため、お面をつけて登場するが、くっきー!だけには顔出しOKということで、くっきー!がWOOMAの似顔絵を描く。

しぽくろー(仮)を見たWOOMAは「めちゃめちゃカワイイ! こういうステッカーがあったら良い」と大絶賛。そんなイラストを使ったMVを制作するが、その出来栄えにスタジオ大興奮となる。

カンテレYouTubeチャンネルでは、MVの一部を先行公開中。今夜の放送で、その全容が明らかになる。

WOOMAは「初めてのテレビ出演でとても緊張しました。楽しかったですが、あまり記憶がありません(笑)。時間がたつのがあっという間でした。くっきー!さんは、実際に見ると思っていたより大きくて(笑)、迫力がありました! 緊張している私を気遣ってたくさん話しかけてくれて、優しい方だなと思いました。くっきー!さんが作った曲が、今までやったことのないジャンルの曲だったので、今回のMV制作は、自分の中で“新しい挑戦”になりました。やりがいがあったし、やってよかったです! 制作したMVを見て、スタジオの所さんをはじめ、陣内さんや他の皆さんがどんな反応をするのか、すごく気になります! 放送を楽しみにしています!」と話している。